boxertwin情報

これでどうでしょう?

実際の航続距離は?

☰ Table of Content

まずは,半分まで使ってみよう

最近入手した C evolution は,BMW の電動モーターサイクルです。

カタログ的には「航続距離 約160km(定地走行)」と記載されていますが,クルマにしてもモーターサイクルにしてもカタログに記載された燃費より,実際の燃費はかなり低く(悪く)なるのが実感です。

そんなわけで,実際にどのくらいの走れるのか,最初に調べておく必要があるのであります。このへん,ガソリン車と違ってかなり切実なところです。

毎日の通勤と,土日の「ちょい乗り」でバッテリーを消費してみます。

ある意味「無駄遣い」ですが,新しいバイクを入手したバイク乗りなら普通ですよね。しかも,電気代はガソリン代に比べてかなり安いので勘弁してください。

走行モードは,「ECO PRO」です。

日曜日に,糸島半島一周したあと遠回りして戻ってくるなど,暑いのにあちこち走り回って,バッテリー100% の状態から 96.7km ほど走りました。これでやっと残り50%になりました。まだ84km 走れますよ,と表示されています。合計すれば 180.7km 走れる計算になります。

ネット上で,「C evolution は,180km は走れる」という記述を見たような気がしますが,この言説はほぼ間違いないようです。

C Evoユーザがたくさんいれば,データ数を増やして確認できるのですが,C evolution 自体,あまり走ってないので難しそうです。

160km 走ってみよう!

さて,50%消費したところで,この実験は終了なのですが,せっかくなので「カタログ値」の160km走ってみようと思いました。

一気に遠出をして,急に走れなくなりました,というのは怖いので,通勤を中心に近場をウロウロしてバッテリーを消費します。

計算では余裕で走れるはずですが,本当に160km 走れるのか?

残り少なくなるとドキドキ

上の写真が160km 走ったところです。実際に160km 走ることができたので,めでたし,めでたしなのですが,バッテリーの残量が20% になると,警告灯が点いて,メーターも黄色くなって,だんだんドキドキしてきます。

あと20km 走れるので十分余裕があるのですが,やっぱり早めに充電しようと思いました。

通勤専用のつもりでしたが

通勤専用と割り切って購入した C evolution ですが,本当に160km 走れることがはっきりしました。

県内で,一山越えて帰ってくるぐらいの日帰りショートツーリングは十分に楽しめそうです。

Update: 2020-08-26
comments powered by Disqus